1回しか見てないショーの感想を書くのは苦手なんですが、せっかくなので印象に残ってるとこだけでもピンポイントに。

星組のショーは前作の「ロマンス」に引き続きクラシックなタイプでしたけども、お芝居の方にいつもの紅ゆずる感があるだけに、こういうしっとりした姿を見れるのは、二面性があって楽しめた。
ガンガンノリノリのイメージが強い星組だけど、意外と紅さんも正統派レビューが似合うから、お芝居でも最後まで落ち着いた役で見てみたいなー。


お芝居に引き続き、ショーもかちゃ(凪七瑠海)が良かった!かちゃはこういう世界観も似合うし、スタイルもいいし、何より「花夢幻」の歌唱が絶品だった。
専科としていい意味で存在感を示せてたし、次回も星組出演だけど、その後も結構引き合い増えるんじゃないかな。

ところで、今までみつる氏、マギー、コマに美穂姐とショーにも出演される専科さんであっても、プログラムの写真は基本的にお芝居のものだったと思うんだけど、今回のかちゃはなぜかショーのもの。
そこに何か意味はあるのか!?


星蘭ひとみちゃんが可愛くて、どこにいても目を惹かれちゃうんだけど、ブギウギパリの場面で星蘭ちゃんが花売り娘だったのは、ひょっとして「ベルリン」の方であーちゃん(綺咲愛里)が作中劇で脇役の花売り娘から女優として駆け上がって行ったことにかかってるのかしら。


歌うま三人娘(夢妃杏瑠・紫りら・小桜ほのか)にコーラスが押し出しの強さと品の良さの両方があって、星組娘役の厚さのつながってる!とワクワクした気持ちに。

エトワールの天彩峰里さんもめっっっちゃ上手かった!あの長尺のパートを歌唱力だけで完全に持たせられるんだもん。(逆で歌唱力がある人がエトワールだから、長々と歌わせてくれるんだろうけど)


主要メンバーでは琴ちゃん(礼真琴)の圧倒的ね。出てきた時の歌唱力その他もろもろの、「あ、違うわ」感。ごいすー。
プログラムの「闘牛士風の男」という記載がなんかツボで、「闘牛士」じゃないかい!と一人受けてたんだけど、結局ショーを見ても、「闘牛士」なのか「闘牛士風」なのか違いを見いだせず、謎が深まっただけだったw
闘牛士なんだけど、動物愛護の観点から牛を殺さないから、あくまで「風」的な?(想像ですw)


そんなわけでいつもの感想よりはやや短めでしたが、2017年最後の生観劇堪能しました。
次回作は「ザ・星組!」ってなショーになりそうだから、そっちも楽しみだね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する