クリタカも楽しいね!
「モーメントゥモーメンッ」と口にしながら帰りたくなるね。

しょっぱなのたま様(珠城りょう)が、あのまさおの「イェ~ッス」をどう歌うのかドキドキワクワクしてたんだけど、案外普通の言い方で肩透かしなような、安心したような(^_^;)

やっぱりたま様はショーでもドーンとした存在感があって、真ん中にいると不思議な安心感があるのが頼もしい。組の頼れるお父さん的な。
意外にもというか、最後のパレードで真っ赤な羽根がすごく似合ってたのも驚き。こういう派手な原色系もイケるやん、よったま様!と一声かけたくなる羽の背負いっぷり(笑)
原色ギャル、派手に行くべ!


そしてクリタカはまさおの時の頃から、ちゃぴ様(愛希れいか)大活躍のショーなわけですが、いやーすごいですわ、ちゃぴ様!
ドールオペラの人形ダンスは当時からすごかったし、「アーサー王」でのパントマイムもいったいどうやって体動かしてんだってくらいのパフォーマンスだったけど、今回のドールはさらにその上をいく超絶技巧!
子ども、夢に見るぞ。本当に体の中にバネを仕込んでるとしか思えない。自分がどれだけ修行しても肘があんな角度で動くわけがないw

そんな恐ろしいまでの完成度のドールオペラから一転、娘役群舞ではあんなに可憐に踊られるんだから、すごいお人です…。
自分の語彙では「すごい」と繰り返すことしかできないのが悔しいんだけど(笑)、もうただただすごい。


Mr.シンデレラ、まゆぽん(輝月ゆうま)の継母にくぎ付け。目が離せない(笑)
まゆぽん、チャル様路線でもいいけど、すっしぃさん路線にも成長していってほしいなー。
月城かなと君も正統派でカッコいい!ボロを着てても隠せないイケメン度数。逆にボロを着てる方がイケメンっぷりが際立って良いのではないかと思わないでもないくらいw

マーリンカップルの叶羽時ちゃん(吉本新喜劇好き)も、こういうピンポイントに目立つ場面があって美味しいなー。

「鳳凰伝」では正直そこまで大きい役ではなかったゆりちゃん(紫門ゆりや)もショーでは三番手格で大活躍。歌も全然イケるやん!マーリンのお茶目な可愛さも、クリスタルズのキメキメな目線も、どれもカッコいい!
クリスタルズは「クリスタルクリスタル~」のあの曲じゃなかったことだけが心残りだけどw なんでや!


ご当地ジェンヌ紹介コーナーでは、なんと副組長綾月せりさんが、まさに市川市出身で、ここ市川市文化会館で初めて宝塚を見て、ここに入ろうと決めたとか。お~。いい話。
月組子たちも我々観客と同じく「お~」みたいなリアクションだったのも面白かったw
(すー組長名乗らなかったけど、そういうもん?)


ということで、クリタカは絶賛番手ぼかし中のショーで、今思えばだけで当時のたま様が隠れ2番手だったからどうなるものやらと思いきや、しっかりかなと君がたま様ではなくかちゃるりパートを担当してくれてたので安心しました(^_^;)

1回しか見れなかったのが、残念。もう1回見たかったな~。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する