今はまだ絶賛「All for One」公演中の月組ですが、次回本公演『カンパニー ~努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)~』(長い!w)のために結構前だけど小説を読みましたので、せっかくなので配役予想をしてみたいと思います。

宝塚版の解説↓の段階で、すでに小説と違ってる部分もあるので、登場人物そのままなわけじゃないだろうし、色々考えてるうちが楽しいってことで一つm(__)m

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2017年5月に新潮社から発行された伊吹有喜の小説『カンパニー』を舞台化。愛妻を亡くし生きる意欲を失った製薬会社の青年サラリーマン青柳誠二が、社の協賛公演を行うバレエ団への出向を命じられ、世界的プリンシパル高野悠が踊る冠公演「新解釈版・白鳥の湖」を成功に導くため、一癖も二癖もあるダンサーや業界人に翻弄されながらも、バレエ団のバレリーナ高崎美波との淡い恋や新しい仲間たちとの友情を支えに、様々な困難を乗り越え奮闘する姿を描くハートウォーミングな成長譚。努力・情熱・仲間たち(レッスン・パッション・カンパニー)をテーマとし、個性豊かな登場人物たちがそれぞれに懸命に生きる姿を、新感覚のバック・ステージ・ミュージカルとしてお届け致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、いきなり表をどーん。
(以下、ネタバレもあります)

主な配役
 青柳誠二 【リストラ候補でバレエ団に出向した製薬会社社員】  珠城りょう
 高崎美波 【敷島バレエ団バレリーナ】 愛希れいか
 高野悠 【黒髪の貴公子、世界の恋人、セクシータイクーン】 美弥るりか
 瀬川由衣 【リストラ候補のトレーナー】 月城かなと
 水上那由多 【バーバリアン・J若手ダンサー】 暁千星
 有明清治郎 【製薬会社社長】 箙かおる
 敷島瑞穂 【敷島バレエ団主催】 憧花ゆりの
 脇坂 【取締役、青柳の上司】 綾月せり
 阿久津 【バーバリアン・Jリーダー】 宇月颯
 長谷山蒼太 【敷島バレエ団ダンサー】 紫門ゆりや
 田中乃亜 【敷島バレエ団秘書】 早乙女わかば
 山田正芳 【取締役、瀬川の上司】 輝月ゆうま
 有明紗良 【プリマドンナ、社長の娘】 海乃美月
 


公演解説にもある三役、これはトップコンビと二番手で間違いないでしょう。
とはいうものの、「妻と死別」ってことで既にかなり大きな改変。小説では、妻に逃げられたそこそこ大きい娘のいるうだつの上がらない中年サラリーマンの再生が大きなテーマなので、設定が何もかも違っていてもおかしくない(笑)
製薬会社の総務課長だった青柳がリストラでスポンサードしているバレエ団に出向するところから話は始まるのですが、リストラうんぬんもなくなるかもね。
死別して仕事が手につかなくなったたま様に、気分転換をかねてってとこかも。

相手役、高崎美波は、バレエの実力はあるけれど、本番に弱くいまいち力を発揮しきれない、アンダーの役回りなんですが(ちゃぴとは正反対よねw)、唯一青柳と恋愛っぽい要素があるから宝塚ではヒロインなわけだけど、話的には青柳・高野・瀬川の三人が中心なんだよねー。
たまちゃぴありきで、かつ一本物でない100分にまとめるなら、他の部分がかなり削られそうで心配ではある。(だーいしだし)


で、二番手役、高野ですよ!
世界的プリンシパルであり、曰く「黒髪の貴公子」「世界の恋人」「セクシー・タイクーン」w
これは我らが美弥るりか以外ありえないでしょう!(ドンッ!!)

AfOのアラミス様的な戯画的キャラクターではなく、表面上の「黒髪の貴公子」で「世界の恋人」で「セクシー・タイクーン」という姿を求められていることを客観的に理解し仕事の一環としてそう振る舞いながらも、本人はただひたすらストイックにバレエに打ち込み、そして眼前に迫りくる引退に心迷う男。

こんなの美弥ちゃんじゃなきゃ誰なんだっつー話ですよ!(ドンッ!!2回目)

ポーのアラン役で美弥ちゃん特出かみたいな予想もあったけど、「カンパニー」読んでからは高野役の方が絶対見たい!と希望してたので、嬉しいね。
(配役はまだだけどさw)


で、三番手の月城かなと君は、初の女役で瀬川がくるんじゃないかなーと。
小説での比重としては、青柳・高野に次ぐ主役の一人で、トップコンビがカップルでなくていいのなら、ちゃぴでもいいくらいの大きい役。
ベルナルドでまた一つグッと上がったように思えるし、ここは女役でまた勢いつけると予想。
なんていっても、瀬川だと高野と密接に絡むわけだし、みやれいが見たいんだよ!


男役としての明確な三番手的立ち位置な那由多(エグザイル的グループの若手。那由多の数のダンスを踊りこなすとかw)、ここは絶対ありちゃん(暁千星。モーニング娘。ファン)だよね。
次のバウの「アルカディア」に続きダンサー役だし、若手の弟分的な小生意気だけど繊細な部分もある若者を演じる可愛いありちゃんが目に浮かぶんだもの。


とここまでが主な役どころ。
今回は会社が舞台ということもあり、渋いおじさんや冷徹なおじさんや下品なおじさんまで、おじさまよりどりみどりで、この辺りの配役も気になるところ。
まゆぽん初め、ナイスおじさま役者も揃ってるから、どうとでもできるだろうけど、社長役だけは専科なんじゃないかしら。

汝鳥さんでも一樹さんでも夏美さんでも、どなたでも見事にこなされると思うんだけど、チャル様のここのところの動向から、チャル様の可能性も大いにあるよね。(何がとは言いませんが)
ショーはウエクミの芝居仕立てっぽいから、一場面もらって最後に大階段降りることも出来そうだし。


エグザイルのHIRO的存在の人、ここも迷ったけど、としさんにお願いしたいなー。
高野・那由多のダブルスタンバイの蒼太役は、若手枠っぽいけど役の大きさ的にはゆりやかな、と。おじ様ポジに回って、若手抜擢の可能性も大いにあるけど。

他の重要な娘役として、「金も才能の一つ」と言い切る、親の会社のスポンサードを受けて主役を張る、瀬川を除けば娘2的役回りが海ちゃんで、ピンポイントで目立てそうな秘書役がわかばっぽい。


そして、他のすべての予想が外れてたとしても、バレエの先生役がすーさんであることだけは断言します(笑)
他にありえない。小説読みながら、すーさんの顔しか浮かんでこなかった(笑)
良くも悪くも役者として個性を確立してるのは、強いよホント(^_^.)


ということで配役予想でした。
小説を面白く読んだので、どうせならという記事でしたが、ストーリーが想像以上に改変されてなければ、なかなかいい線いってるんじゃないかなーと他人事のように思ってます(^_^.)

小説も超ライトなエンタメ小説で、阿弖流為みたいに気合いれなくてもさくっと読めちゃうので
(笑)、皆さんも是非どうぞm(__)m

配役発表、楽しみだね!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する