ついにきたハロプロキッズプロジェクトが幕を引いた日。
ハロプロじゃほとんどない野外ライブにワクワクしつつも、この日が来るのが寂しいようなそんな感覚でした。

が、終わってみると心に残っててるのは、ものすごく美しかったな、と言うことでした。

℃-uteの解散はひたすら良いコンサートだったな、って感じだったんだけど、このももち最後の日にはただただ美しさだけが目に焼き付いてます。

ももち自信が美しいのもあるし、ももちと最高のステージを作ろうとするカントリー・ガールズの姿も美しかったし、野外で昼間から徐々に夕暮れになりやがて完全に日が落ちる景色、暗くなった空間でピンクの光だけが輝く光景、観覧車やゆりかもめ。

そんな何もかもが美しく、それがももちのプロ意識とセルフプロデュース力で作り上げられ、そこに運までも味方したいう奇跡。

なんかすごいものを見たというか、確実に10年先まで語り継がれる伝説を目撃した、そんな気分です。


歴代ハロメン総登場でももち祭りなのかと思ってたら、ステージに上がったのはももちソロとカントリー(とまことw)だけだったことに、ももちの「アイドルたるもの」という15年のすべてが見えた。

人を幸せにしてこそのアイドル。
変なサプライズなんていらないんだよね。そんなハッピーな空間をももちとカントリーだけで作れるなんて。
カントリーメンバーの一挙手一投足にそんなももちイズムが染み込んでるのが頼もしくてならないし、ラストコンサートなのに、ずっと楽しくて何度も爆笑してって、そんなのないよ。

ももちがどれだけカントリーを可愛がってて、カントリーがどれだけももちを尊敬してたのか、言葉にしなくともステージアクトだけで証明してくれた。
カントリーはどこに行っても大丈夫だわ。こんなに立派に育ったんだもん。

そんな楽しい楽しいコンサートだけど、最後は決して泣かない鉄の女、嗣永桃子の目にも涙。
でも涙を流しても、表情はずっとにこやかで、最後の最後までももちイズムを貫き通した姿は本当に美しかった。。
桃子、ありがとう。


その他、ポイント。

・今更言っても詮無きことではありますが(笑)、こぶし藤井梨央がエラく可愛くて、卒業を間近に控え憑き物が落ちたようにスッキリしたんだなーと思ってたんですが、まさか憑き物が落ちたどころか、暗黒面に落ちていたとはww
でも、可愛かったよ、藤丼。この日が藤丼見た最後だったけど、アイドルとして輝いてたことは忘れません。

・JJが「WW」!この舞台のために、しっかり選曲してきたなー。野外が似合うスケール感。佳林ちゃんの仕上がりきってた。

・そしてなんと娘。がずっと今の体制で聴きたいと思ってた「青空」!!
フクちゃん(譜久村聖)セレクトらしいけど、さすがフクちゃんの嗣永先輩を愛する気持ちはガチやで…。
香港行ったりしてたタイトなスケジュールの中で、初めて「青空」やるメンバーがほとんどな中で、それでも「青空」を選んでくれた気持ちが嬉しい。
飯窪さんと工藤がいないのは寂しいけど、偉大な先輩を送り出すにふさわしい曲とパフォーマンスでした。
あー、本当に晴れて良かったね。

・OA後にお台場にヘリが飛んでたので、まさかももちはあそこから…とちょっと思っちゃったんだけど、当然関係なく近くのビルのヘリポートに降りて行きましたww


・で本編開始は、そんな予想の遥か上をいく、まさかのももち太郎w
山木(梨沙)さんの雉が面白すぎる!w 山木さん自身は見えないことになってる黒子設定なのか、はたまた鷹匠ならぬ雉匠なのか、謎は深まるがただただ面白くてニヤけが止まらないw
あ、それと頭の中の冷静な自分が、鬼役が山木さんとおぜこ(小関舞)じゃなくて良かったなーと安心してました(ゴメン!)

そして巨大な桃からももち誕生!で、それでももち太郎は終わりで、仲間たちとの絡みは特になく捌けていったのが、また面白いw


・そこからは、ザ・アイドルももちタイム。
「これが見たかったんでしょ!」と言わんばかりの初めから圧倒的なももちイズム!
シングルメインにするわけでなく、あくまでファンが見たいものを歌うカッコよさ。このセトリなら、亡霊ヲタにならずに皆完全燃焼できるだろうな、ということが初めのコーナーだけでもわかるんだもん。
自分も「スキスキ」「MGCS」は超聴きたいけど、難しいだろうなーと思ってただけに、イントロかかった瞬間にテンション爆上がりで、さすがももち!と感動に打ち震えておりました。


・可愛いキッズ時代の映像をはさんで(笑)、ももちのアイドルの歴史をさかのぼるスーパーメドレー。
神輿に乗って会場練り歩いてくれるし、歴史を振り返ってるのに寂しさなんて一切感じさせない、カラッと明るく楽しいメドレーに仕上げてくれるのがももちだなあ。
スッペの怒号と肩透かしと爆笑、今思い出してもニヤニヤできるw

Buono!横アリでなかったことになったのかと思った(笑)、「ソラシド」を最後にまた聴けたのも大満足。あんまり聴きこんでなかったから横アリへの道すがらずっと聴いてて、意外と(失礼な!w)良い曲じゃんと思って楽しみにしてたのに、なかったから唯一心残りだったんだよなーw
完全にももちの手のひらで転がされておるw

その他あれやこれやと言い切れないくらいに、メドレーコーナーは濃密。
最後が「あななし」「TOKYO」、そしてオーデションで歌った「恋しちゃ」で締めるなんて、15年間のあれやこれやが思い出されて、あーキッズってなんて皆真っ当で美しく成長したんだろうとまだ中盤なのにしみじみ思っちゃいました。


・アコースティックコーナー・
「ベリビュ」と「I need you」は泣けた。涙目とかじゃなくて普通に涙がこぼれた。
歌詞通りの美しい夕暮れ。今のももちとヲタの関係そのものの歌詞。
泣いちゃったけど、ちらっと隣の同行者(同い年・男)を見たら、そっちも泣いてたので、そりゃ泣くよ!と恥ずかしがらずに堂々と泣くことに(笑)

ももちは美人でトーク力がずば抜けてるだけでなく、純粋に歌が上手いという基本があることが、ハロプロアイドルとしてここまで尊敬を集めてる理由でもあるよなーと今更。
ことさらそれをアピールするわけでもなく、さらっと上手い。そんなところもプロフェッショナル。


・「ギャグ100」を生でせずVTRなんだ、贅沢!
着ぐるみオレンジ色だし千奈美だったりして(笑)、となんて考えてたけど、やなふな!
着ぐるみの頭をさっそうと取る姿がカッコよすぎたw

ひなフェスに引き続きやなみん(梁川奈々美)の「あらあら船ちゃん、お下品ですわ」という名台詞も聞けて、ゲラゲラ笑ってました。
カントリー劇場サイコー!


・ついに来た「許してにゃん体操」!
そういえばももちは歌うんではなく、掛け声担当だったとこの場になって思い出すw
カントリーも皆心から楽しそうに体操してるのがいいよねー。

カントリー出てきたら、即サイリウムの色変える人もどうなの?とも思ったけどw
今日くらいずっとピンクでいいのでは…(^_^.) ま、新体制となるカントリーへの応援メッセージと解釈もできるけどね。


・ここからはカントリー・ガールズコーナー。
「愛ごめ」のセリフをとられたやなみんの表情が面白すぎて、会場中いつまでも笑いの余韻が引かずw
やなみん有能すぎるし、初期のよくわかんない変わった子だったやなみんをここまで育てたももちとカントリーも有能すぎる。

「カントリー・ガールズ」としての曲だけでなく、「カントリー娘。」の曲もセトリに入れてくれるのが、ももち自身がハロの歴史に敬意を払ってて、「カントリー娘。」を踏まえた「カントリー・ガールズ」の活動に自信を持ってたことが伝わってきて、グッとくる。
NYの里田もさぞ喜んでるだろう。。


・本編最後が「Bye Byeまたね」で、アンコ明けの正真正銘最後の曲が「ありがとう!おともだち」
この選曲は予想されてたおとももちの方も多かったと思いますが、しっかりと最後の最後までファンの期待に応えるアイドル嗣永桃子でした。
当たり前だけど、これ以上素晴らしい幕引きはないよ。

ももちのラストの挨拶も、アイドルであることの喜びを語ってくれたのが、ドルヲタとして許されたかのような気持ちにもなった。
15年もアイドルでいてくれてありがとう。

小指を折りたたむ最後の瞬間まで、文字通り小指の先まで全身意識が行き届いたプロフェッショナルなアイドルであり続けた嗣永桃子の存在は、後輩にとってもすごく大きいよね。


・この日は最近の傾向のように3時間やるものだとばかり思ってたけど、2時間チョイで終了。でもそうとは感じさせないくらいの濃い時間でした。
(退場に時間がかかるためかと)

センターステージの目の前という、この数年で一番いい座席だったこともあり、思い残すことは一つもないくらい完全燃焼。
ももちの未来が素晴らしく花開くものになることは疑ってないけど、この日のステージを見て新体制となるカントリーのメンバーもむしろ楽しみなくらい頼もしいものであることも確信できた。
それがもしかしたらももちがこの日伝えたかったことの一つかも。私が育てた後輩たちは大丈夫だから、これからも応援してね、的なさ。


なんか長々とポエミーなことを書き連ねてしまいましたが(笑)、言いたいことはただ一つ。
桃子、ありがとう!!!


<セトリ>
OA1 次々続々 / アンジュルム
OA2 初恋サンライズ / つばきファクトリー
OA3 シャララ!やれるはずさ / こぶしファクトリー
OA4 Wonderful World / Juice=Juice
OA5 青空がいつまでも続くような未来であれ! / モーニング娘。'17

OPENING(ももち太郎)
1 恋はひっぱりだこ
2 もしも…
MC1
3 愛のスキスキ指数 上昇中
4 マジ グッド チャンス サマー
5 世の中薔薇色
6 ライバル
"VTR(嗣永桃子デビューまでの映像
「仔犬ダンの物語」
「『ブギートレイン'03』バックダンサー」
「ハロー!プロジェクト キッズ オーディション」)"
7 嗣永桃子アイドルメドレー
ピーナッツバタージェリーラブ
~ ソラシド~ねえねえ~
~ 恋泥棒
~ 大人なのよ!
~ アジアン セレブレイション
~ 初恋サイダー
~ 一丁目ロック!
~ 本気ボンバー!
~ Bravo☆Bravo
~ ジンギスカン
~ ホントのじぶん
~ 素肌ピチピチ
~ スッペシャル ジェネレ~ション
~ あなたなしでは生きてゆけない
~ 白いTOKYO
~ 恋をしちゃいました!
8 VERY BEAUTY(アコースティックVer.)
9 I NEED YOU(アコースティックVer.)
VTR2(「ギャグ100回分愛してください」)
15秒カウントダウン
10 ももち!許してにゃん体操(with カントリー・ガールズ)
11 ももち!ずっとおとももち(with カントリー・ガールズ)
12 cha cha SING/カントリー・ガールズ
MC2(カントリー・ガールズ)
13 明日からはおもかげ/カントリー・ガールズ
14 愛おしくってごめんね/カントリー・ガールズ
15 浮気なハニーパイ/カントリー・ガールズ
16 革命チックKISS/カントリー・ガールズ
17 リズムが呼んでいるぞ!/カントリー・ガールズ
18 Bye Bye またね
アンコール
嗣永桃子卒業セレモニー
19 アイドル卒業注意事項/カントリー・ガールズ&まこと
20 VIVA!!薔薇色の人生/カントリー・ガールズ
ダブルアンコール
21 ありがとう!おとももち。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する