FC2ブログ
当然ながら行ってきました、娘。武道館追加公演。
追加公演だってのに、武道館てっぺんまで完全に埋まってて、今の娘。の勢いと完成度の高さを感じざるを得ない!

自分としては、この日に何かしらの発表があることはないだろうなーとは思ってたものの、そうは言うもののやっぱりもしかして…とドキドキしてまして、初めの挨拶が何事もなく過ぎ去った時点でようやく安心して、今日はここ数年で一番セトリも演出もメンバーの気合とパフォーマンスも高かった春ツアーの集大成を見せるためだけの日だということを確信。

何を言っても陳腐になってしまうので、あまり言葉は重ねませんが、今のモーニング娘。は本当にすごい!
一つの到達点でもあった道重リーダー期を乗り越え、また新しいモーニング娘。の地平を切り開いた。
BNM以外すべてつんく曲で、昔の曲も多いのに、過去の焼き直しではなく今のメンバーだからこそできるパフォーマンスに仕上がってるんだもん。

舞台を経たからか、5月の武道館の時よりもさらにパワーが増してて、見終わった後芯から幸福感に包まれてました。
アイドルの意味ってのはこれだよ!
小手先の話題を振りまくよりも、アイドルが真摯にステージに取り組み、スタッフがどうするば輝くかを真剣に考え、ファンはアイドルただひらすら応援する。
この幸せなサイクルが続くだけでファンは満足なんだから、7月からのハロプロもそうであることを信じよう。

最後のフクちゃん(譜久村聖)からの嬉しいお知らせは秋ツアータイトルの発表。
ここは逆に工藤遥卒業で横アリかSSAくるかと思ったんだけどな(^_^.)
でもそのタイトルが「We are Morning Musume。」!超カッコいい!!
20周年の冠がつくにふさわしいツアーになることを期待してます。つーか、15周年だった「カラフルキャラクター」からもう5年経ってんのか…。恐ろしすぎる。。


その他細かい感想。

・OAのつばきファクトリー、曲が「就活センセーション」だったからか、いつものハロプロテンプレの「よろしくお願いします」じゃなくて「よろしくお願いいたします」だったのが芸が細かくてオモロww


・またいつものように関係者席を横目で見てるわけだが(笑)、℃-uteがいなくなりアンジュも不在だと、もうJJが最前列なのね。ここにも時間の流れを感じる。。
あーりー(植村あかり)はあんなクールビューティーなのに、意外と振りコピしてノリノリなんて、好きになっちゃう(笑)


・回替わり曲を3曲全部披露!
13期の即戦力っぷりよ。曲を覚える、自分のものにして表現するってことも凄いし、そもそも2人だけずっと踊り続けなきゃならないっていう体力がとんでもない。

初日の初々しいと頼もしさのとんでもなく奇跡的なバランスも、既に頼もしさ成分がかなり勝っており、やっぱりあれは娘。ならではの一瞬の出来事だったな。見れてよかった。
(次のツアーもあることがどこか実感できてないようなかえでーの方よりも、既に横やんの方が堂々としてるようですらあるw)


・そんな13期効果をもろに受けてるのが、チェル(野中美希)とあかねちん(羽賀朱音)。
チェルは熱くなってガツガツ行くことに何の逡巡もなくなったようにパフォもトークもギラついてて、もっと上を目指したいというのが伝わってくるし、羽賀ちゃんもようやく停滞期を抜け出して表情が明るくなってきた。

新メンバーが入ってきて一つ上の先輩がここまで意識せざるを得ないなのて、ホント2期とか3期以来じゃない??(さすがに昔すぎかw)
今モーニング娘。を見る醍醐味はチェルに詰まってると言っても過言ではない!

反面、はーちん(尾形春水)だけが、まだ迷ってるように見えるのが心配(´・ω・`)
最後の挨拶も、一人定例文だけだったからなあ。。。


・そんな中、13期効果でもなんでもないのに、なぜかここのところグッと良くなってきて目が離せないのが生田!
どうした生田ってくらい、「私が生田衣梨奈ですけど」くらいなみなぎる自信なんだもん。
マリタウォークも最高。
もう7年目のベテランメンバーがまた今までとは違う輝きを見せてくれるのも、スパンの長い活動ができる娘。ならではだなー。


・さらに情報が増えて、もうどこを見たらいいのかわからない「かしまし」
左右の文字を追うのに必死で、メンバーが全然見れないww
「ハロプロ加入日」って前からあったっけ?ここに来てエッグ・研修生歴はなしにして、昇格日を基準にしてるのは意味深なような。(ハロプロ公式サイトも見てみたら、昇格日になってた。前は正規メンも研修生加入日じゃなかったっけ?記憶違い??)


・久しぶりの「Happy大作戦」!さゆ卒業後初?
この1曲があるだけで、見終わった後の幸福感が増すから不思議だ。
年長メンバー順に歌うわけだけど、CDの時からこんなに変わってるのか~ということも感慨深い。
会場に「ミチシゲイレブン」の時のメンバーナンバーが入った飯窪さんTを着てる人いて、その時は「07」だった飯窪さんももう「03」だもんな。工藤が卒業したらその「07」はもうはーちん。


・「インスピレーション」のコーナーは羽賀ちゃんのポエム。
最終日のDVD収録日なのに工藤じゃなくてチェルなんだ、と思ってたら、まさかのどぅー・チェル・だーちゃんの三角関係デート映像w 面白過ぎるww
当初のコーナーの意図を超えて、こんな面白い最終回になるなんて、深夜ラジオのコーナーの進化のようだ(笑)


・最後の挨拶も、皆感動的で希望に溢れるスピーチでグッと来た。
変わり続けるモーニング娘。だから、今この瞬間の自信と誇りと13人の姿をファンの目に焼き付けたいという力強さ。

具体的に何言ったかはあまり覚えてないんだけど(笑)、フクちゃんの挨拶がとにかくしっかりしてて、リーダーとしての成長に胸いっぱい。
飯窪さんのコンサートはメンバーにとってもファンにとってもご褒美という言葉にも「うんうん」となる。

そしてなんといっても、まーちゃんの言葉!
つんくの作った歌があり、メンバーはそれをファンに届ける。℃-uteにしろ、娘。にしろ、ハロプロが変わろうとしてるこの流れの中で、つんく回帰を訴えてくれるのが本当にうれしい。
つまんない平凡な新曲を歌われるくらいなら、過去の膨大なつんく曲メインのセトリの方がはるかに良いよ。


というわけで、素晴らしいコンサートでした。
武道館の熱の入りようもすごかったけど、春ツアーの構成自体がとてもとても良かった。13期が入った新生モーニング娘。、伝統と歴史と革新、こんなにテーマ性のあるライブができるなんて、ハロプロのスタッフ見直したよ!
何度見ても飽きなかった。

正直不安に思うこともちょくちょくあるけど、こういうことが出来るスタッフなり演出家なりがいてくれるんなら、まだまだハロプロは大丈夫。

それと横アリやSSAを見てるからか、武道館超狭く感じたよね!?
集客面・パフォ面ともに、もっと広いところでも絶対やれるのに!工藤卒コンじゃなくて、普通のコンサートで一度やってほしかったな~。


この日の武道館はいまだかつてないくらい女性比率が高かった気がする。宝塚も設立初期は男性ファンの方が多かったみたいな記録を読んだことがあるし、ハロプロもあと30年続けば、女性ファンが9割みたいな未来が本当に来るかもしれない。歴史の転換点を今も目撃中なのかも。

以上。秋ツアー楽しみ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する