こぶしの単独ライブには初めて参戦。
前日のアンジュルムに引き続き、2日連続やっぱりつんくだな、と。

ベリ曲は正義。
こぶしにもオリジナルのつんく曲があれば、もっとハロDDの思い入れも増えるのにな。
こぶしの曲も(特にアルバム曲)いいんだけど、ライブ映えするハロヲタの心をくすぐるのはつんく曲なのよねー。

アルバム曲の中で聴きたいワンツーだった、「TEKI」と「辛夷の花」をやらないのはさすがのアップフロントクオリティだけど(笑)、「次が最後の曲です」と言われてこの流れではないとは思いつつ「辛夷の花」を期待してたけど、その代わりが「友情純情~」だったら仕方ないw
やりきった気持ちで気持ちよく帰れました(笑)

(でもさー、なんでアルバム後の初単独ツアーの癖して、アルバムの中心曲をやらないんだ??「辛夷の花」はハロコンや舞台で歌ってたからか?東京や大都市だけじゃなくて、地方まで行くのがライブハウスツアーの唯一の長所だと思うんだが、遠征できない地元ファンが一番期待してるのは、それでは。各種指標の結果、遠征しない純粋な地元民がいないという事務所の結論かもしれんがw)


とは言うものの、ちょっとした不満はそれくらいで、初のこぶし単独はめっちゃ楽しかったです。
どれくらい楽しかったかというと、普段ファミ席地蔵の自分がコールしちゃうくらいw
ライブハウスの熱気にやられたのか、酸欠で脳がやられたのかわかんないけど、ものすごく久しぶりにメンバーの名前コールしたり、オイオイ叫んでたら思いのほか自分の中でも盛り上がったので、これからの参戦スタイルが変わってしまうかもしれません(笑)
「小泉さん」とかたまんないね、超絶今更だけどw
まあ、ホールと大箱がファミ席なのは変わんないだろうけどね(^_^.)


今までこぶし単独として4ツアーやってきて、この日がなんと初の東京公演。
メンバー自身「もう東京はやらないのかも」と思ってたとのことだけど、初の東京は落選まで出るライブハウスぎっしりの大入りで、野村みな美と井上玲音の凱旋扱いということで熱量もすごく大盛り上がり!
「もっと大きな東京の会場で」とメンバー達も言ってたし、中野サンプラザとは言わんが、ぜめてZeppや江戸川でもいいから、次は大きな会場でやってくれよー。
この日の動員である程度東京ならいけると証明できたはずなので、次の秋ツアーこそは、と期待しておきます。。

凱旋の話で、「今までツアーで3回も愛知で凱旋やってる和田桜子はズルい」という指摘に、
「でも(箱が)どんどん小さくなってる…」と現実的過ぎるコメントを残すわださくww
愛知のヲタはもっと行ってやってくれよ(^_^.) 最近の愛知定期イベと上手い事日程組み合わされば何とかなる…か?


その他細かい感想

・初めのメンバーカラーの衣装が可愛い。ザ・メンバーカラー衣装!って感じでもなく(どんな感じだw)、さりげないけどはっきりとメンバーカラー。
「こぶし魂」にはメンバーカラーが似合うし、「バッチコイ」の振りコピで一気に高まる!

・3曲目からメンバー分割曲で意表をつかれたけど、そのセレクトがミニモニ。でさらに度肝抜かれる。なぜにミニモニ。(笑)
でも、ミニモニ。のセカンドアルバムは良曲揃ってるから、スタッフがここで過去曲掘り起こした結果、娘。10期の4人で「ぎゅっと抱きしめて<FOREVER>」を歌う未来はよ!

・小川・和田コンビの初々しいたどたどしさと、広瀬・浜浦・井上トリオのプロ感と、藤井・野村・田口トリオのフレッシュアイドル感と、見事の三者三様でしたので、このグルーピングをした人のセンスを褒めてあげたい(エラそうw)

・「闇に抜け駆け」は面白楽しカッコいい良曲なので、なおさら舞台でJKJK連呼する謎の歌をフィーチャーしてた理由がますますわからなくなる(笑)

・悩み相談対決の「よく物を失くしてしまいます」という相談に「整理整頓し過ぎない」という、ホントに部屋が散らかってる人にしかわからないレナコの回答に賛同しますw
超わかる!ww

・福田花音大先生の作詞は今の所ハズレはないと思ってるので、なんでもっと登板が増えないのか理解できない…。雨子より打率よくない??
ま、今年は大学卒業優先と解釈しておきましょう(^_^.)

・「念には念」で「念!!!」と叫ぶのがこんなに楽しかったとは…。

・「残心」、やっぱりとても良い。曲自体もいいけど、この世界観をそのまま表現できる年頃であるこぶしが、ここまでの歌唱力で歌えてるというその同期具体が素晴らしい。
前も言ったかもしれないけど、この曲同性の先輩への歌と解釈する方が美しいよね。

・「春にぴったりの曲」として紹介された「甘酸っぱい~」だけど、ベリキュー版は季節感ゼロの秋に販売された記憶が強いので、個人的には全然春っぽさはありませんw
というか、これつばきと合同で歌う機会があるまで取っとけばいいのにね。「超HAPPY SONG」より原理主義者は少ないだろうし。


・この日はたぐっち(田口夏美)が、急病で途中離脱して戻ってこず。でも、流れが止まることもなく、特段の打ち合わせや指示もないまま、そのままたぐっちの穴を感じさせずに残りの7人でやりきるこぶしメン。
℃-uteに負けないくらい、この子達もプロだな。

・藤丼(藤井梨央)卒業までに8人のこぶし見れて良かった~と思ってただけに、心残りもあるから、OTODAMAも行ってみよっかなと考えたけど、路線検索したらあまりにも遠すぎたので即断念。(根性のないヲタでごめんなさいね…)

・あやぱん(広瀬彩海)とれいれいの歌にガツンとやられ、ノムさんの可愛さにグッと来て、浜ちゃん(浜浦彩乃)のスタイルに驚愕し、わださくの素朴に癒される、そんなライブでした。

こぶし、単独でしっかり見ると、やっぱりハロのグループだなと確信できるパフォーマンスだったので、次はもっとおっきな会場で。ホールかZeppで頼みたいけど、もうこの際ReNYでもいいから!!


それとこの日は、舞台で共演した元タカラジェンヌ煌月爽矢(現 中原由貴)も観覧に!
関係者席に近かった自分は、兼ヲタとして興奮しきりだったけど、このライブハウスの規模で関係者席ガン見するわけにはさすがにいかないので(笑)、たまーに隙をついて給水時にちらっと振り返ったりしたら、ゆうきさんも拳を上げて盛り上がってくださってたのが何より。
義理堅くて、良い人だ…。
でも、関係者席の人達は、握手終わるまで移動できずにずっとその場に残らされてたのが、大変そうだったけどね。スタッフなんとか導線作って誘導しろよ!w


<セトリ>
1 押忍!こぶし魂
2 バッチ来い青春!
3 ズキュンLOVE/小川・和田
4 Mythology~愛のアルバム~/広瀬・浜浦・井上
5 世界で一番大切な人/藤井・野村・田口
6 闇に抜け駆け
MC(相談コーナー 東京VS大阪)
7 急がば回れ
8 未熟半熟トロトロ
9 念には念
10 GO TO THE TOP!
11 残心
MC(ご当地トーク)
12 甘酸っぱい春にサクラサク
13 桜ナイトフィーバー
14 懸命ブルース
15 チョット愚直に!猪突猛進
16 ラーメン大好き小泉さんの唄
17 This is 運命
18 ドスコイ!ケンキョにダイタン
アンコール
19 友情 純情 Oh 青春



スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する