GW2日は、カントリー・ガールズ。
昨日に引き続き、こっちも楽しかった!

歌やダンスのクオリティはJuice=Juiceに及ぶべくもないが、まさしくこれはももちイズム!
明るく楽しく前向きでひたすらハッピーな空間。可愛いなーという感想しか出てこない。カントリーのコンセプトってやっぱりこうだよね。
またしてもファミ席でニヤニヤおじさんに変貌してしまった…。


山木さん(山木梨沙)曰く、ももちイズムとは「どんなことでも笑いと仕事につなげること」
失敗も時が経てば面白エピソードトークに。
素晴らしい!アイドルはそうあらねば。恨み節トークより、メンバーと一緒になって笑える話が聞きたいよね。

カントリーのライブに来る度、メンバーのトークの達者さに感心する。
同時期にデビューした他のグループの子たちより明らかに流暢に喋ってて、かつちゃんと面白いことを言おうとする意識があるもんね。
自己紹介ソングの間も完璧。

だから、ももち先輩が卒業しても、ももちイズムが刻まれたメンバーの精神面やトークは全く心配してないんだけど、当たり前だけどももち先輩が一番歌が上手いわけなので、カントリーのグループとしてのパフォーマンスがどうなるかはちょっと気になる。
3期メンバー入れるのかな。発表があるとしたら最後のももち祭りか??


中野サンプラザも満員。
カントリーとして初中野、ももちラスト中野という条件下ではあるけれど、それでも立派!
ステージングもホールの規模に不足しないレベルに仕上がってるし。
なので、ももち卒業後もちゃんとホールコンしてね。。ライブハウスは疲れるの。。。


この日は嗣永桃子メモリアルアルバム収録の新曲も初披露。
つんく作詞作曲の「ももち!ずっとおとももち」、良い!ものすごく良い!!
こんなバカバカしいコミックソングなのに(笑)、まさしく嗣永桃子そのものを体現した曲で、6/30に歌う最後の最後の曲がこれなら大号泣しちゃうよ。
やっぱりつんくには愛がある。
「時代が私に追いつけなかった」って、現役ハロメンで唯一世間一般に時代を作った桃子だからこそ、「何言ってんだ、まだ辞めないでよ!」って思えるもんね。

さゆの「シャバダバドゥ~」とコンセプトは同じだけど、仕上がりの方向性が全く違うのが、2人のアイドル性の違いかな。
それの差をこうやって音楽で表現できるのが、つんく先生ですよ。。


もう1つはミッツ・マングローブ。なぜに。
作詞作曲のクレジットがアルファベット表記なのが気になりました(笑)
聴いてる時は雨子の詞よりは好きかもーと思ってたんだけど、終わってから思い出そうとしても全く思い出せないあたり、雨子は雨子でプロの技だったのかしら。
他のメンバーがバックコーラスのような立ち位置なのは、私たちの自慢のももち先輩!みたいで、とても微笑ましい。


「アイドル卒業注意事項」
ブログもハロステもチェックしないももち先輩のおかげで(笑)、サプライズ大成功。
まさかのまこと登場に会場も大盛り上がり。
まことも小学生の時からずっと側で見守ってるキッズメンバーには思い入れもひとしおなんだろうなー。

曲もももち先輩へのリスペクトが詰まってるし、歌うメンバーもももちイズムが根付いてるから、ももち先輩と同じく笑っていいんだか、泣いていいんだか、みたいなごちゃまぜな感情に。
これも6/30でやられたら泣いちゃうわ。。
「今までありがとう」的な素敵な歌パートの部分が、ネタとネタの間のブリッジのようで、感動的であればあるほど笑えてくるねw

出棺のくだりの天丼が若干悪ふざけが行きすぎか?とも思ったんだけど、その次の瞬間のまことの「その時には僕はもういないと思います」で揺り戻すバランス感覚。


コンサート自体は大満足でございましたけど、100分って短いよね。せっかくのホールコンなのに(´・ω・`)
開幕から1時間経つ前に「後半戦!」と言い出してびっくりした。単純に前中後じゃなくて、前後で分けただけか??とも思ったんだけど、さらっと終わっちゃって残念。
ももち先輩サプライズの下りがなければ、本当に次の大阪とか90分で終わっちゃうんじゃ…。

時間の調整でメンバーのソロ曲を入れ込むだけでもいいし、なんなら20分トークしてくれたっていいのにな~。
というか、いつになったら「SEXY BABY」をやってくれるんだ…。
(毎回言ってるな、コレ。ごめんなさいねw ごめんなさいねついでに、しつこいけど「何が愛かわからないけど」と「片想いはホットミルク」も…)


カントリーでも、娘。やJJのように映像多用。
やっぱり相当安くなってるんだろうなw
カントリーは他の2グループと違って、「背景」として映像を使用してることが多くて、それもほのぼの可愛いカントリーワールドを作り上げる大きな効果となってて、グループ毎にちゃんと演出分けて考えてくれる最近の傾向に感謝。


自分はカントリーのライブで何色のサイを振るか長らく決めかねてたんだけど、この間のひなフェスですっかりやなみん(梁川奈々美)に夢中になってしまったので、この日から紫サイを振ることに決めましたw

LoVendoЯの宮澤茉凜が2Fファミ席最前中央に座ってたんだけど、もふおの気持ちよくわかるよ!やなみんに癒されたい!w
(関係者席ばっかり見てたられいなに怒られるが、茉凜は1曲目の途中で入ってきて、最後の曲の途中で出て行ったので、あの周辺にいて、かつステージに集中せずキョロキョロしてる自分のような人(笑)にしか気づかれてなかったはず。
初め誰だこのマスクの上からでもわかるとんでもない美人は!ひょっとしてさゆか!?と一瞬思ったんだけど、さゆが来るわけないし(笑)、マスクを取って茉凜だと確信。基本微動だにしなかったけど、やなみんのトークにはすごい受けてましたwステージ見ろよと言わないでね、視界に入る場所だったんだもん)


PBJLは何回聴いても良い曲。
エリック、もっとハロに曲書いてくれ。ハロプロ作家ローテーションに入ってくれたら、かなり嬉しい方の貴重な人材なのに。

山木さんは歌唱メンってほどまではないけど、声が特徴的ですぐにわかるのが強い武器だなー。ソロで歌聴きたいから、今年のBDイベ行こうかな。。

小関(小関舞)は、工藤なんて目じゃないほど後から思い出して恥ずかしい感じに突っ走ってるように見えるので(褒め言葉!)、今しか味わえないであろうこの感じを堪能したいw


<セトリ>
1 浮気なハニーパイ
2 ブギウギLOVE
メンバー紹介
3 ピーナッツバタージェリーラブ
4 キスより先にできること
MC
5 ランラルン~あなたに夢中~
6 新しい恋の初デート
7 わかっているのにごめんね
8 ためらいサマータイム
MC
9 ももち!ずっとおとももち / 嗣永
10 気ままな片想い
11 BYE BYE 最後の夜 / 山木・森戸・小関・梁川・船木
MC
12 どーだっていいの
13 Good Boy Bad Girl
14 妄想リハーサル
15 リズムが呼んでいるぞ!
16 革命チックKISS
17 愛おしくってごめんね
アンコール
18 恋泥棒
19 アイドル卒業注意事項(ゲスト:まこと)
MC
20 VIVA!!薔薇色の人生



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する