FC2ブログ
ショーも楽しかった!
なんかめまぐるしくて、まとまりのないショーだなとも思ったけど(笑)、祭りがテーマで世界各地の祭りを一貫性なく集めまくったんだから、よくよく考えりゃ当たり前か(^_^.)

ちょっと間延びするなと思うようなシーンもなかったし、最後まで「うぉ~宙組!」と圧倒されてる間に、あっという間にパレードでした。
早い…。もうちょっと見たい…。

この日は2階席での観劇だったんだけど、なんと今回2Fまで客席降りが!
下級生詳しくなくて誰なのかまでは分からなくてゴメンだけど、やっぱり2Fまで来てくれると超テンション上がる!嬉しいというよりも、もはやありがたいという謎の感情がw
2回客席降りといい、レーザー光線ビュンビュンといい、「クリスタルタカラヅカ」みたいだなーと見ながら思ってたんだけど、どっちも中村A先生だったね。
ついに自分もショーを見て演出家がわかる程度のスキルは身についてしまったのか…。


開幕。
歌うまぁ様(朝夏まなと)の後ろで踊るのは、トップ娘役のみりおん(実咲凛音)ではなく、なんとうらら(伶美うらら)!
うらら様は非常に美しく、存在感たっぷりなので、適材適所ではあるんですが、なぜにここでうらら??
あんまり宝塚詳しくない人は、絶対トップコンビ出てきたと思うよね(笑)

そして組子総登場。
カラフルな衣装が楽しい~!衣装デザインの良し悪しはよくわかりませんが、自分はとにかくカラフルでいろんな色に溢れてる衣装が好き。こないだのカルーセルのサンバの場面も、色鮮やかなカラフル原色サンバってだけでテンション上がったもん。


場面転換のつなぎに、ずん(桜木みなと)のソロ歌唱。ずん、上げられてるな~。
でも、わかる。最近一気にシュッとしてカッコよくなったし、それでもまだ残る少年ぽさに、こりゃ人気グングン来るわ…と納得。


ヴァルプルギスの夜。
今回のショーで一番の見せ場はこの場面ですよ!
もちろん、みりおんや真風(涼帆)も良いんだけど、なんといってもここで見逃し厳禁の要チェックなのが、魔女の女王・寿つかさ組長!!
まあ、力説せずとも、あんな邪悪で迫力で威圧感のある魔力の強そうな女王を見逃すわけはないと思いますが…(笑)

ディズニーヴィランズならぬ、宝塚ヴィランズみたいなのを結成して、我らがモーガン様と共演してくれないかしら(^_^.)

みりおんって、ホッタイのジャガーの時も同じような攫われ方をされてた気がするw
担がれる姿が最も似合うトップ娘役。実咲凛音。


牛追い祭りの場面はカッコいいんだけど、プログラムでの蒼羽りくの「牛S」という記載にちょっと笑う。確かにそうかもしれないけど、他に書きようがないんかい!ww


宝塚がどうとかは関係なく、ヨサコイソーラン自体が正直ピンとこないとこはあるんだけど、この人数で、この熱量でやられると、それでもやっぱり力技で「うぉ~!」となるよね。
真風の日本男児ったらないよ!そしてうららの粋で婀娜な姐さん感!!
この2人でアダルトな大人の世界観のお芝居を見たいと思ってたけど、案外任侠物とかがハマるかも。真風組長とうらら姐さん見たいぜ。。。


誇りと野心の大地は、祭りは関係ないんだよね??
2チームに分かれての対決ダンスは大好物なので、目が離せない。まぁ様と真風は殴り合いの決闘で互角そうなのが面白いよね。まぁ様は足技、真風は手技が主体のプレイヤーっぽさがある。


フィナーレ、あっきー(澄輝さやと)先輩と、ここでも登場桜木みなと。
新入社員と3年目の先輩みたいな可愛みがあった(笑)
今回あっきー、カッコよかったよねえ。セクシー。(いや、昔からカッコよくて、ようやく自分が気が付いただけだとはわかってますがw)


みりおんの若手男役を引き連れてのダンス。あー、みりおんは最後まで優雅だなー。
男役のセンターにいても余裕な経験値と、それでもフレッシュな可憐さの二面性がみりおんの到達した高み。
みりおん、ありがとうございました。
(でも、せめて歌があればね…)


一方こっちは、貫録の塊、ロケットガール・伶美うらら!
これはこれで素晴らしい。少女の中に大人の美女が一人混ざり込んだかのようで、まさに女王の貫録。
今回まぁ様体制下では、最もうららの出番も少なく、歌もなく寂しかったんだけど、オープニングやロケットの重要な場面でバーンとその人目を引く美貌で御出ましになって強力な印象を残して去っていくのが、うらら様の一番適材適所な使い方なのかもなー。
今後、どうなるんだろ。短くてもいいから、まかうらコンビが叶いますように(´・ω・`)
(でも今回のロケットガール、仙名ちゃんというより萌花さんのロケットガールぽさを感じてしまったのが、ちょっと怖い…)


燕尾はMのフォーマーション!モーニング娘。か!!w
(モーニング娘。もよくMの形でフォーメーション組んでるんです。。)
まぁ様を打ち抜くレーザーも超絶カッコよかった!

エトワールの彩花さんの歌声も素敵でした。


ということで、全体的にとりとめのないショーではございましたが(笑)、一つ一つの場面に見どころが溢れてたので、あっという間に終わった印象です。高まる…。

もう1回見れるのが、楽しみだー。


スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する