待ちに待った、モーニング娘。の春ツアーが開幕!
昼夜両方入ったけど、2回とも行っておいて良かった。娘。、誇らしいわ…、と何目線なのかもわからない感情に包まれました(^_^.)

ひとまず、セトリには触れずに全体的な感想を。


まさに新時代のモーニング娘。の幕開け。
新しい事に挑戦しようとしていることがビンビンに伝わってくる。そしてメンバーもそれに応えて新しいモーニング娘。を見せようとしてることもガンガンに伝わってくる。

ザ・アイドルなステージではないから、その点で賛否両論あったとしても理解できるけど、自分としてはハロの他のグループがガッツリそこを担ってる部分もあるし、いつだってその時代その時代の最先端を切り開いていくのが娘。の役割だから、賛しかない!

いつの時代もモーニング娘。が最強で最高だ。

オープニングからマジで鳥肌が立ったし、その後もカッコ良すぎて「すげぇ…」と思わず呟いてしまうくらい感動的だった。
これを初日の初回に生でネタバレ一切なしで見れたことに感謝ですよ。


13人全員でのパフォーマンスが主で、加入したての13期は大変だっただろうけど、でもそのおかげで、これが今の新生モーニング娘。であるということを強く打ち出せてたと思う。
個人的には自分の応援してるメンバーには、ライブでソロ曲を歌うより、センターで娘。の中心としてメインボーカルをはる姿の方が見たいし。
12期はまだそこまで強いスポットは当てられてないけど、9期~11期の7人はそれぞれ今の娘。の中でどういう役割を担うかが明確で、今回のツアーでも全員がしっかり機能してる。


簡単にメンバーについても。

13期の2人、頼もしすぎ!即戦力すぎ!!
パフォーマンス面では、まるで遥昔から娘。のメンバーだったかのような貫録とスキルだけど、MCでは初々しさに溢れると言う奇跡のバランス。
これは今だけですよ!今回の春ツアーだけの、もっと言えばツアーの前半だけでしかこのバランスは楽しめないかもしれない。アイドルには「今」しかないんだよ!是非、是非この今だけの魅力を味わってほしい!!

パッと見だと、加賀楓が剛、横山玲奈が柔みたいな印象だけど、よく見ると本質は逆なのかもね。
横やんの動じなさというか、「自分がここにいていいのかしら?」とか今までの人生で一度も思ったことなさそうなナチュラルな自分への自信というか、自分にはないものだけに横やんが眩しすぎる。
横やん見てたら、自分の卑屈な心まで浄化されていきそうな気さえするよ(笑)

加賀ちゃんは一歩一歩確実に成長していくタイプなので、このまま5年研鑽を積んだらという最終形がなんとなく想像できるけど、横山ちゃんの底はまだ見えない。末恐ろしい。

とりあえず、加賀様がカッコいいのに内面が可愛く、横山ちゃんがあんなに可愛いのに内面は大物だということがわかりました。

にしても、横やん…、可愛すぎる!!


新メンバーが入ると先輩にも良い影響があるのが娘。ですが、今回先輩メンバーの成長が著しい。

特に生田(衣梨奈)が良かった!
そもそも生田史上過去最大の歌割りだったということもあるけど、生田に任せても問題ないと事務所が判断したのも納得の仕上がり。
いちいちカッコいいのよ、生田!決まってる。

アイドルって早熟型がもてはやされる傾向があるけど、そうじゃなく5年以上地道にやってきた成果が今になって発揮されるのも、継続的に大規模のライブをやり続けられるハロならではの光景なんじゃないかな~。
9期加入直後のあの線の細い頼りなかった生田のイメージが未だにあったりするので、あの生田がこんなに頼れるカッコいい最年長期の先輩になって、パフォーマンスでも引っ張っていける存在になったなんて…と感動です。

今回13期以上に、一番印象に残ったメンバーが生田なんだよなー。
やるじゃん生田、いつの間に!?みたいな。さゆにもここまで成長した生田を見てほしいわ。


そしてもう一人、石田亜由美の歌がなぜか(笑)上手くなってた!怪しいとこ、一つもなかったし。
譜久村・小田レベルにはまだまだだとしても、工藤・野中と同レベルくらいには歌えてたんじゃない?その2人にしたって成長がすごいのに、ずっとアレだった(笑)だーちゃんがここにきて歌唱スキルが上達したのはなんなんだ。
スキル向上は喜ばしいことなんですが、「石田歌えてるしw」とちょっと面白くなっちゃうのは、だーちゃんの人徳のたまものかしら。

石田はトークコーナーの司会も担当してたけど、そっちもまだ未熟なとこがあれど普通に成立してたし、なるべく多くのメンバーに話を振ろうと頑張ってたし、少なくとも石田本人は安易なメンバーいじりに走らなかったあたり、相当考えて準備したんだろうなと。
素晴らしい。


それとトークと言えば、13人全員での挨拶時に、フクちゃんから「○○ちゃんはどうですか?」みたいに話を振らず、自然な形で主に12期が話に入ってコメントしていたのがとても良かった。
フクちゃんがこう話したら、誰が割って入るってとこまでは事前に決まってるんだろうけど、それでもハロ特有の台本感がなく、ごく自然にトークが盛り上がってる見えたもん。
これ出来るなら、今まで20年何やってきたんだよというところではありますが(笑)


そして、この日からステージ復帰のまーちゃん(佐藤優樹)
怪我もブランクも一切感じさせないパフォーマンスであるどころか、さらにパワーアップしてるようにさえ思えた。
外見上問題なく見えるのはプロとしての美点ではありますが、本当にムリだけはしないで欲しい…。本人ではなく医師と事務所が責任もって判断をしてくれますように。

腰だけじゃなく、喉もしばらく休めたおかげか歌も絶好調で、歌える喜びに満ち溢れたエネルギーが爆発した歌唱で圧巻でした。
まーちゃん、ホント今の娘。の基軸だわ。。。


全体的にはそういった感じでした。次回はセトリに沿った詳細な感想を。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する