FC2ブログ
今年最後の研修生発表会行って参りました。
前回からBEYOOOOONDSメンバー昇格で研修生も新たな時代に突入したけど、今回も新加入研究生3名により松原ユリヤちゃんが先輩になったこと、そしてその松原ユリヤがついに普通にユニット曲に入ってソロパートをたくさん貰ってることで、完全にネクステージに突入したな、と。

アンジュルムへの昇格が発表された北研の太田遥香ちゃんも今回の研修生発表会に参加。
太田ちゃんとにかく可愛い。めっちゃ可愛い。正直つばきとBEYOOOOONDSメンを除いたら、圧倒的可愛さで昇格に納得しかない。よく北海道から出てきてくれる覚悟決めたよ、太田ちゃんありがとう。
歌もダンスもしっかりしてるし、歌も「上手い」以上に「可愛い」ので、早く正規メンと一緒にパフォーマンスしてるとこ見たい。

新加入の斉藤円香は薄い公家顔だなと印象だけど、前ここリスペクトを公言してくれるので応援します。単純なヲタですみませんw
研修生なんでもベスト3で「消しゴムを最後まで使いそうな人」ランキングに選ばれた前ここちゃんがコメントしてる時、斉藤ちゃんがどんなリアクションしてるのか注目してたんだけど、一挙手一投足前ここちゃんの言動にリアクションとってくれてたから好感度大。

大阪出身楠萌生ちゃんは堂々としすぎててスゴい。Zeppに集まってるのはハロプロの、研修生のファンであって、お披露目されたばかりの楠ちゃんのファンというわけではないのに、当然のように全員自分のことが好きだと思ってるかのような立ち振る舞いに感服です。アイドルに必要な才能は、歌でも踊りでもルックスでもなく、これなのかもしれんw

小野田華凛はユリヤちゃんと同級生なのね。

雨ノ森は「C/C」
夏のびよイベでも歌ってたけど、あの時は雨ノ森じゃなくびよ内シャッフルだったから、雨ノ森5人としては初。ゆはねちん(山﨑夢羽)と前ここちゃんが愛れなパートのメイン担当で、2人のスキルはさすがなんだけど、他のメンバーも生でハモったりしてて、雨ノ森5人としての個性がちゃんと出てて、超良かった。
早くBEYOOOOONDS単独ライブやってほしい。オリジナルが2曲だけでハロ内カバー中心でも見どころありまくりで絶対盛り上がるのにー。

毎回言ってる気がするけど、松永里愛ちゃんの歌がしっかりしすぎてて、即昇格レベル。

きしもん、キキちゃんに交じってBuono!やるキララちゃんの推されっぷり。

タイトルが「みかん」だから、絶対「みかん」やるだろうと全員思ってたでしょうが、それで会場が一瞬で最高潮の熱気に達する「みかん」のパワー。

ラストが「青空」と「青春ソング」だったので、ひじょーに爽やかで気持ちのいい心で帰宅できました。研修生とつんく楽曲に心洗われる年末。

あと研修生発表会はどれだけ代替わりしようと、毎回「おへそ」と「彼女になりたい」を入れるべきだと考えてるので(笑)、そういう意味でも今回のセトリは最高でございました。


<セトリ>
01.おへその国からこんにちは
02.天まで登れ!
03.今夜だけ浮かれたかった / つばきファクトリー
04.C\C / 雨ノ森川海
05.オトナになるって難しい!!! / 小野田紗・秋山・橋迫・出頭
06.ギャグ100回分愛してください / 小野瑞・小野琴・児玉・松永・山田・窪田・松原
07.浮気なハニーパイ / 小片・太田・米村・中山・為永
08.Kiss!Kiss!Kiss! / 岸本・浅倉・米村
09.生まれたてのBaby Love / 岸本・浅倉・米村・松永・金光
10.みかん
研修生何でもベスト3 司会:秋山
11.表面張力~Surface Tension~ / つばきファクトリー
12.正しい青春ってなんだろう / 小野琴・児玉・山田・中山・窪田・金光・松原・太田
13.Say!Hello! / 米村・橋迫・松永・山田・為永・出頭
14.43度
15.彼女になりたいっ!!!
16.Come Together
17.青空がいつまでも続くような未来であれ!
18.青春ソング


スポンサーサイト
蘭陵王、すっごい良かった!
発表された段階から絶対面白いと確信はあったんですが、それはどっちかというと裏笑いを期待していた部分も大きく、で実際にそういう目線でも面白いし笑いを堪えきれない場面もあったんだけど、それ以上に本当に舞台としてクオリティが高く素晴らしかった。
キムシン先生はマイファースト演出家なので(モーニング娘。「リボンの騎士」より。チャル様も特出してるよ。おすすめ。アマゾンマーケットプレイスで1円で買えます)、キムシンイズムが自分に刷り込まれてるところもあると思うんだけど、舞台を通じて訴えられるメッセージが普遍的なところがキムシンイズムなわけですよ。

愛することは尊い。
どうなってでも生きることには価値がある。
自らへの誇りこそが人間には必要である。

そして「蘭陵王」ではそれに加えて、「与えられていたのではなく、奪われていた」という非常に強烈な問題提起。
これはすごい。感動とか共感を超えて、舞台を見ながら衝撃に打ち震えるくらいすごいメッセージですよ。
今の現代日本にも通じる問題と言うか、現代日本でも今なお解決されてない問題を描くために「蘭陵王」という舞台を作ったのだということがこの一言でわかるくらいすごい。

グローバル環境でも日本の中でも搾取は依然としてあり、この「与えているような顔で」搾取をすることがより問題を複雑化させるし、そして搾取している側も欺瞞ではなく「与えている」と信じ切っている場合もありより問題は根深い。
作中での例のような児童虐待やわかりやすいブラック企業とか移民とかの重い問題にとどまらず、「女の子は大変な仕事はしなくていいよ」とかの今でも言ってる人の多い、本人は優しくしてるつもりで「与えている」のに実際は「奪っている」というこの構造への切り込み方の鋭さに、「お前はどうなんだ。奪っていないのか」と刀を突き付けれているかのような感覚すらあった。

で、この鋭さを直接的に押しつけがましく描写するのではなく、豪華絢爛な舞台セット、華々しい衣装、そして美しいタカラジェンヌによる夢のベールで覆ったお伽噺のような世界における刺として描けるのが唯一無二の宝塚の魔法なんだなとも思ったり。

あとそれとあきら(瀬戸かずや)の役が担う役割ってのも、これまたすごいよね。
王子でありながら、男らしくなく、マイノリティであり低く扱われるような存在で、そして観客からも笑われるような役回りでありながら、それでも本人が自覚しないまま「奪う」側に回ってしまうというこの構造。本当にすごい。(すごいしか言ってないなw)
あきらがいることで、強いものが弱いものから搾取するという単純な構図に問題を押し込めず、誰もが一瞬で「奪う」立場にも「奪われる」立場にもなりうる危うさを自覚しなければならないという普遍性につながるんだよね。
旧来的な搾取の問題を超えて、今現在の問題を炙り出すキムシン先生の感覚に脱帽。(これが〇〇先生だったら…的なことも言いたくなるが、そういったステレオタイプに分類してしまうこともまた問題なわけで)

で、そのメッセージの結論が「人の嫌がることはしない」なのは、ちょっとズレてない?とも思ってしまいますが。(いっちゃんさんの語り口が絶品なだけに、唐突な小学生の標語のようなフレーズに笑っちゃったけどさw)
嫌がってることを認識すらせず善意のつもりで搾取する問題を語って来たわけで、「嫌がっていないのかきちんと確認しましょう」がニュアンス的には近いのではないかと思うが、まあセリフ的に間延びもするし、切れ味薄まっちゃうからね。こうしてインパクトある言葉で、観客がそれを自分がどう解釈するのか考えてほしい意図があるかもしれないし。
(実際は意図せぬキムシンイズムによるオモシロなだけだとは思いますがw)


主題への感想が長くなってしまったので、以下箇条書きで。

・主演のかちゃ(凪七瑠海)、お見事でした。素晴らしい!
かちゃにはしっかり実力があるのも大きいけど、何より品があるのがかちゃの蘭陵王に説得力を与えていた。かちゃに品があるから所々ぶっとんでる「蘭陵王」が成立したともいえるし、かちゃに品があるから「蘭陵王」のトンデモポイントがより面白かったとも言える。
初めの子役の場面も、「かちゃ?それとも下級生の娘役?」と初めは迷いながら見てたんですけど、それだけ子どもにしかみえない演技だったし、だけど芯の通った強さが感じられる塩梅がとても良かったと思う。あの場面下級生娘役なら生々しくなりすぎだし、例えば同期でもみりおだったら必要以上に痛々しく、美弥ちゃんなら艶めかしくなってしまうかもしれないところなのに、かちゃの硬質さが孤独や悲しみや愛への飢餓を表現しながらも変に生々しくならないバランスにつながってたし。

大人になってからの武将かちゃも覚悟が決まった?開き直った?ような強さがカッコいいし、洛妃との愛でそれでも生きるという選択をした清々しい顔に惚れ惚れとしました。
「美しかったが、悪いか」もポスターのセリフ本当に言った!という面白さはあったけど、あのセリフに蘭陵王の人生が詰まってて、切なくなるよね。

・ヒロインのおとくりちゃん(音くり寿)も良かった。自分は目力のあるくっきりはっきり顔の娘役さんが好きなので、おとくりちゃんはルックス的には琴線に触れるタイプではないんだけど、なにより歌唱力が素晴らしいし、舞台上での悪女っぽさと可愛らしさの両方の面を上手く見せてくれる演技だったりと、遺憾なくその実力を発揮されてて、「蘭陵王」のヒロインがかちゃの相手役がおとくりちゃんで良かったー!と声を大にして言いたいです。

・「蘭陵王」はあきらが上手くなければ成立しなかったと思うので、自分的MVPはあきらです。
お笑い一辺倒のギャグキャラになりかねないのに、一つ一つの登場シーンに強さも弱さも切なさも傲慢さも全部含まれてたから、最後の蘭陵王との場面の緊張感の説得力がすごい。
舞台って場面場面で切り替わるのではなく、一つずつの積み重ねなんだなーと。
海を見たいソング良いよね。

・いっちゃんさん(京三紗)の語りはこれぞ専科なベテランのプロの技。声自体にも聞き惚れるし、淡々とした語り口調にも粘度があって、「蘭陵王」の昔話のような雰囲気を作り上げてくださいました。
いっちゃんさん、素敵だわー。今年は「カンパニー」もあったし、「蘭陵王」に続いて来年は「20世紀号」にも出演されるし、最近いっちゃんさんの登板が多いのが嬉しい。
ところで、いっちゃんさんは結局蘭陵王の母親ってことだったの?蘭陵王がなぜ捨てられたのかまったく記憶してなかったので混乱してしまった(笑) なんでだっけ??

・帆純まひろ君、顔が綺麗。
死に際の突然のオネエ丸出しは意表を突かれて笑っちゃったのが悔しいw

・「蘭陵王」三大面白ポイント
ジョーバ
らんりょうおう!らんりょうおう!
光るヌンチャク
これだけ書くとなんのこっちゃって感じだけど、こうとしか言いようがないんだもん。キムシン先生天才かw

・かちゃとおとくりちゃんが、たぬきどんときつねどんと呼び合うシーン、たぬきときつねが逆なんじゃないかと思いましたw
(作中では、かちゃ→おとくりちゃん「きつねどん」、おとくりちゃん→かちゃ「たぬきどん」

・「はぁ」「はぁ」の場面が長すぎて、最後には根負けして笑ってしまった。キムシン先生の粘り勝ち。

・万能唇読み。現在でもスパイとして活躍できるくらい有能なおとくりちゃんとそれを即体得できるさらに有能なかちゃ。有能すぎw

・最後に「蘭陵王」、衣装も舞台セットも綺麗だったよね~。中華美術大好き。

「蘭陵王」、素晴らしい、良質な舞台でした。これだから宝塚はやめられない。

BEYOOOOONDS楽しすぎる!
マジで飯窪さんが卒業したら、BEYOOOOONDS現場中心に活動するかもしれないくらい楽しい。
メンバーも可愛すぎるよね。自分はBEYOOOOONDSというか研修生の頃から前ここちゃん(前田こころ)一択で、これは自分の好みをご存知の方なら納得の推しメンだと思うんですが、それが揺らぎかねないくらいりか様(島倉りか)も可愛いんだもん。りか様ルックスもめちゃくちゃ可愛いのに、りか様的キャラクターとそのルックスの相性が良すぎて、こんなん好きにならざるをえないよ!りか様キャラを引き出してくれた啓太に感謝感激マジ卍。
ゆはねちん(山﨑夢羽)も可愛いよね~。
この3人に強烈に惹かれてるんだけど、それ以外のメンバーも皆可愛くてかつそれ以上に有能なんだもん。
BEYOOOOONDS最高すぎる。売り方だけちゃんと考えてくれれば、一気にハロ内を席巻できるはずだから、事務所さん頑張ってください。。

で、イベントの前から重大発表があると告知されておりまして、自分はたぶんメンバーカラーだろうなーと予測してたんだけど、まさかのここで新メンバー発表!オーデやってたから追加はあるんだろうが、せいぜいカウコンか冬ハロと思ってただけにびっくり!

BEYOOOOONDS 加入メンバー決定!
「ハロー!プロジェクト“ONLY YOU”オーディション」に関するお知らせ

研修生を経ないオーデからの加入で大学1年生と高校3年生ってのは近年なかったケースだけど、オーデ結果の発表を読む限り、BEYOOOOONDSの具体的な構想やこの3人の起用法のアイデアはある程度固まってるのかなとワクワクしてくるね。
ハロプロの高3ってもう芸能生活5年以上な子も多くて、磨きに磨かれた可愛さだったりするんだけど、新メンバーの3人は当然だけどまだ素人っぽさも強く、この年代の子が一気に花開く姿にファン掴めそうな気もするし。

「客演」ってのが外部の舞台やイベントに出まくったりすることじゃなく、現劇女子部で便利使いされたり、れいなや舞美のコットンクラブ公演でのピアノ伴奏とバックダンサーやるだけって可能性がそこそこあるのが怖いとこだけどw

メンバーカラー、前ここちゃんは黄色か青と予想してたから当たらずとも遠からず。ゆはねちんは赤一択の予想だったから的中、というかそりゃそうだよね、という感じ。
他のメンバーもイメージにあってる感じだし、なかなかの配色なんじゃないでしょうか。(桃々姫は紫が良かったと思うけどね)

新メンバーの特技披露として、ピアノが得意な小林萌花ちゃんの伴奏で、ダンスが得意な平井美葉ちゃんと里吉うたのちゃんが「夢幻クライマックス」でダンス。ダンスが特技ってのも正直いまいち伝わりづらいとは思うんだけど、それ以上に思うのはピアノ伴奏だけにすりゃいいのに普通に音源をかぶせるなとw


ということでイベント内容。

まずはBEYOOOOONDSゲームこと人狼ゲーム。
ハロプロ内で人狼ゲームが流行ってることは情報としては知ったけど、実のところ何のことかまったくわかってなかったので(笑)、ようやくルールを把握できましたw もう一つ流行ってるらしいけどなんのこっちゃわかってないチームラボの謎が解ける日もくるだろうか(笑)
でもよくこの複雑なゲームを自分たちで仕切ってやってるなと別の意味で感心もしますw

BEYOOOOONDSゲーム、まあ楽しい雰囲気だけどアイドルのイベントだなという感じではあるんですが、とにかく犯人役のりか様が素知らぬ顔で次々メンバーを仕留めていく姿がもうたまりませんでしたよ。りか様素晴らしすぎる。りか様にひれ伏したい。
他の見どころは、明らかにメンバーに遠慮してる新メンバーの今だけしか見れない萎縮顔でしょうかw


続いてのコーナーは、前回の夏の陣での殺陣やタップダンスに続く出し物としてハンドベル。
CHICA#TETSU → 雨ノ森 川海 → 全員という流れで演奏。
準備してる時間に啓太がメンバーのクリスマスの思い出を読み上げてたんだけど、「兄にそそのかされて高いクリスマスプレゼントをサンタにお願いしたこころちゃん、次の日お兄ちゃんにだけサンタの正体が知らされたのであった」という前ここ小話、普通によくできてて笑ったw


ライブコーナー

<セトリ>
1. 46億年LOVE / 新メンバー
2. 眼鏡の男の子
3. 文化祭実行委員長の恋


まずは新メンバー3人でオーデの課題曲だったという「46億年LOVE」を披露。(そんな最近までオーデやってたのか)
ダンスはキレてるけど歌はまだまだだなーと言う中で、緑の子(小林萌花)が飛びぬけてちゃんとしてて、ピアノやってて音感ある子は歌にも通じるんだなと妙に納得してしまった。

現メンバーはオリジナルの「眼鏡の男の子」と「文化祭~」でカバーではなかったけど、イベント日がアタックNo.1の休演日だし仕方ないか。
「文化祭~」では前ここちゃんの女装姿(本来女性の宝塚の男役が舞台で女役を演じるくらい複雑な構造!)が、ハロフェスの時とは別の衣装に。ナース前ここ!可愛い!!
まさかこの曲でそんなサプライズがあるとは思っておらず、ハードルあがっちゃったかもしれないけど今後もこの曲が超楽しみになってしまった。BEYOOOOONDSでツアーやる時も日替わりにしてね。


最後のお見送り会、一瞬だし緑の子に「歌上手かったね」、前ここちゃんに「応援してるよ」だけ言えればいいやという心構えで列に並んでたのに、メンバーを前にすると全部吹き飛んでしまい、りか様を前に「りか様…」と呟くことしかできませんでしたw なんという弱ヲタ…(りか様は微笑んでくださいました。りか様ありがとう。好き)

早く次のイベントが開催してほしいし、それよりも早く曲を配信してほしいし、カバーだらけでも良いから単独ライブを開催してほしい。
BEYOOOOONDS希望しかない!!

武道館以来の愛理のソロコンサート、スゴかったですね。
何がスゴかったって、Zeppがちゃんと埋まってるのがスゴい(笑)
いや、でも冗談じゃないくてハロヲタってハロプロ卒業後の活動は初回のライブとかは結構行くけど、それ以降は徐々にと言うか目に見えて減って行ったりするじゃないですか。それでも春のZeppと変わらぬというか若干増えてるくらいの集客。
愛理の確かな実力で楽しかった、また来たいと思わせるハイクオリティのパフォーマンスが一番大きい理由なんだろうけど、15年ものアイドル生活で醸成されたファンの思い入れの持続も強いだろうし、何より女性を中心に新規のファンが増えてるってのがこれまたスゴい。
どう見ても新規っぽい人が多いなーという印象だったけど、最後の愛理の「初めて来た人~?」って呼びかけに結構な数が手を挙げててホントびっくりしたもん。
可愛くてスタイルが良くて歌唱力があってダンスがキレキレで可愛いんだから当たり前といえば当たり前なのかもしれないけれど、ハロヲタ以外にも少しずつでも確実に届いてることが誇らしい。

ライブの内容は愛理のスキルについて細かく言うことは何もないんですけど、ライブのコンセプトをしっかり練ってちゃんと演出してるのがアップフロントらしからぬトータルプロデュースで、ハロという縛りがなくなればこうやって本人のやりたい方向性のライブを作りこんでできることは、関係者席で見てたつばきメンバーにとっても希望だろうな。もちろんそれはハロ時代にしっかり磨いた基礎があってファンとの信頼関係を築けたからなんだけどさ。
愛理とのデートというコンセプトを基に、途中で愛理が彼氏とデートして喧嘩して仲直りして、というストーリー仕立ての演出があったんだけど、映像でのお芝居+曲でつないでいく形で1曲1曲がしっかり機能してたのが新感覚!
恋愛ストーリー自体は大したことはないベッタベタなもんだけど(笑)、愛理の歌をシンプルに活かせてて良かったよね。

それと今回は新曲が6曲も!
オリジナルアルバム1枚+℃-ute・Buono!曲で構成されるなら、あまりセトリに大きな変化はないかなと想定してただけに、こんなに気合入れてくれるなんて。
レコーディングしてるみたいなこともインスタに書いてるし、セカンドアルバム遠くないうちにくるかな。シングルでリリイベやりまくる商法よりも、愛理やピンクレみたくシングル出さずにアルバムだけ作ってライブするのも案外費用対効果は良いのかも。
ライブ行く前にちらりと目に入ってしまったセトリ情報に「気まぐれ」ってタイトルが見えたから、ごっちんの「気まぐれ」を歌ってくれるのかと超楽しみにしてたので、そこは若干肩透かしで申し訳なかった(笑)

「No Live, No Life」ではカメラ撮影OKのアナウンスも。これは嬉しい!
遠くからでスマホの基本カメラアプリだとぼやけた写真しか撮れなかったけど、それでも嬉しいもんだ。
里山の写真撮り放題も、ハロプロのチェキが4~5,000円なことを思うとどうかしてるくらいヲタを信用してくれるサービスだけど、愛理のこれも好評で盛り上がれば、ハロにもその波がやってくるかもね。まずはJuiceの地団駄での解禁から初めてみるのはどうでしょう(笑)

℃-ute曲は2曲、Buono!曲は1曲のみでちょっと寂しいというか、もっとやってくれてもいいのになーとは個人的に思うんだけど、愛理のオリジナルソロ曲もどれも出来がいいからそりゃ仕方ないよね。(アルバムからでなかったのは、死んだ目で働いてるサラリーマン応援ソングこと「いいんじゃない」とかだしw)
「初恋サイダー」は歌い出しの「キスをあげるよ~」のとこで歌い止めて終演のお辞儀を始める愛理にエーイングの後に、しっかりフルで歌ってくれるというコントに笑ったけど、愛理の手のひらで転がされる快感もあったw

簡単ですが、以上感想。楽しかった。満足。次も行きたい。


<セトリ>
01. Brand New Look
02. Candy Box
03. たぶんね、
04. 光の方へ
05. 未完成ガール
06. Be Your Love
07. TRICK
08. BYE BYE
09. 気まぐれ
10. moment
11. ハナウタ
12. 私の右側
13. No Live, No Life
14. 通学ベクトル
15. Story
16. Good Night
17. DISTANCE
18. start again
19. パラレルデート
アンコール
20. 最高ミュージック
21. 初恋サイダー
22. 君の好きな人


なぜアタックNo.1?なぜスポコン??という疑問は最後まで解消されませんでしたけども、当て書きかのようにアンジュルムのメンバー一人ひとりの個性と魅力を活かす配役で、またアンジュルムというグループの歴史と未来にも重なる脚本・演出だったこともあり、期待してたよりはだいぶ面白い舞台でそれなりに楽しめましたよ。
グループに重ねる丁寧な作りだったから、あやちょ(和田彩花)がカミコ(上國料萌衣)と同い年の高校1年生役だった謎は少し解けたし(笑)

全体を通しての感想なのですが、アンジュの舞台前2作でいうと「MODE」はあやちょの戦いの物語、「夢見るテレビジョン」は表現者としての自我に目覚めるカミコの物語だったとしたら、「アタックNo.1」は凡人でありながら死ぬ気の努力でグループにとって欠くことのできない役割を果たすまでに成長したかななん(中西香菜)の物語なんだなということ。
アイドルはアイドルであるというだけで美しく価値のある素晴らしい存在なのですが、そうはいってもハロプロエリートでアイドル性の塊であった初期スマや圧倒的な才能で外部に飛び出していっためいめいと比較してしまうと、どうしても持つ者に対する苦悩を(こちら側が勝手に)感じてしまうこともあり、そんなかななんに「自分には努力しかないが、努力しても才能のある人間には敵わない(大意)」というセリフを言わせるのは酷だなと思ってしまったんだけど、そんなかななん(の役)だからキャプテンとして求められ、他に代わりのいない役割としてチームに貢献するという物語は胸を打つものがあるなと。
スポコンでもあやちょやカミコの努力でもなく、今回の舞台で真に描きたかったテーマはこれだったのかとさえ思った。

同じくむろたん(室田瑞樹)。
むろたんの役は基礎能力は非常に高いんだけど、バレー経験の薄さによる技術不足でチームの足を引っ張ってしまうことに苦悩する役回り。
これも同じくアイドルとしての能力は非常に高いにも関わらず、ハロプロという狭い世界においてもメインストリームを驀進しているわけでもないむろたんの姿に重なる部分があるから、そんなむろたん(の役)が、同期の莉佳子(佐々木莉佳子)に「バレーに誘ってくれたのはあんたじゃないか、一緒にやろうよ、あなたが必要なんだよ(大意)」と涙ながらに説得され、バレーに青春をかけることを心に誓う場面がとても美しいのです。

時代遅れのスポコン漫画をなぜいま新解釈ではなくそのまま舞台化するのか。。
アイドルがなぜアイドルをやるのか、アイドルがなぜソロではなくアイドルグループを結成するのか、そしてアイドルがなぜアイドルグループの中だからこそ特別に輝けるのか。
その理由はすべてそのままつながってるんだね。納得。


以下箇条書きで。
・アタックNo.1全体としては、前述のとおりかななんやむろたんの物語という感想なんだけど、個人的MVPはかっさー!(笠原桃奈)
情報分析タイプのキャラなんだけど、おしゃべりで積極的に色々楽しんでいて、とにかく可愛い。かっさーの可愛さが役の可愛さで増幅されてて、それはもう可愛い。
かっさー舞台だと毎回かっさーの可愛さを活かす役を充てられてるのが嬉しいんだけど、元々のかっさーのキャラクターが当て書きしがいのある、舞台映えする存在感なんだろうなって思う。
かっさー可愛い。

・もう1人ハマり役だからこそスゴく良い役に昇華されたのがりなぷー。(勝田里奈)
あやちょの病弱なお姉ちゃん役なんだけど、りなぷーの体温低めなローテンションがうまい具合いは儚げな雰囲気に変換されてたし(笑)、切ないソロ曲もばっちりだったし、出番は多くないけど超美味しい役だったよね。
でも、りなぷーが死んじゃう場面はべったべたすぎて笑っちゃったw ごめんよ、りなぷー。

・ライバルチームの八木沢三姉妹の3人(竹内朱莉・船木結・川村文乃)は舞台に出てくるのがとにかく遅くて出番が少ないのがなんとも…。3姉妹でもちゃんとキャラが書き分けられてて(原作ありきだからだけど)、それぞれ好演してただけに惜しい。前半に顔見世程度でも出番を作るとか、なんとかなんなかったのかな。
船ちゃんの大阪弁まくし立てが見れたからいいか。

・主役とはそういうものなんだろうけど、キャラが立ってる他の登場人物と違って、あやちょとカミコはそこまで明確な個性が付与されているわけではないんだけれど、あやちょがリーダーでも指導者でもなくカミコ含め他のメンバーと対等なプレイヤーであるという設定が肝なのかなと思った。
あやちょ後の体制を見据えた配役設定を強く感じられたんだけど、あやちょはあやちょで生涯現役宣言のような意志を打ち出した役作りだったのが「おっ!」と意表を突かれて今も結構印象に残ってます。前2作とは違った、最近パブリックな場ではあまり見せなくなってきている明るく可愛い女の子、というあやちょの側面が最後に舞台でフィーチャーされてたのも意図的な作劇なんだろうな。
あ、それとあやちょとカミコのキャットファイトだけでチケット代の元は取れましたw

・CHICA#TETSUはc
島倉りか様ですよね。りか様超可愛いですよね、BEYOOOOONDSは前ここちゃん一択だったはずなのに、心揺れるくらいりか様可愛いんだもん。サイコー。
真ん中の通路手前の席だったから、客席降りメンバーがすぐ近くで演技してたりしたんだけど、りか様近すぎて何も考えられなかったわ。あありか様…。
りか様といっちゃんご指導によるバルーン応援は普通に盛り上がって楽しかったから、もっと長時間でも良かったかも。風船膨らませられるかドキドキしてたけど、無事時間内に膨らませられるくらいの肺活量は残ってて安心しましたw

・客演の元タカラジェンヌ麻尋えりかさん(旧芸名:麻尋しゅん)の鬼軍曹っぷりはさすがの迫力でカッコよかった。
美弥ちゃんとも縁のある麻尋さんだし、今後も末永くハロプロと宝塚が癒着してくれることを願って、麻尋さんの生写真も買っちゃった。最近は汐月しゅう氏のも扇けい氏のも写真は販売されてないから、これが新公主演パワーかとタカラジェンヌに一生付きまとう「格」に慄く(笑)

・バレーシーン、ボールを黒子のメンバー(小野田さん?)が動かすという斬新な演出スタイルで、黒子のバレーだ!!と大興奮でした。

・むちゃくちゃなスパルタ、むろのキャラ設定等々、大昔の話として見ればそれなりにまあ受け入れられるんだけども、あやちょが急に携帯電話持ち出してきたから混乱。折り畳み式だったから多分舞台設定は2000年代。さすがに2000年代の女子高生が森の石松とか言ってんのはムリがあるだろww


ということで、まあそれなりに楽しかったし、今のアンジュルムでやる意味もわかるし、チケ代分の価値はあったと思うけど、集客面で苦労するのも仕方がないかって感じですかね。
アンジュルムでやる意味はわかるけど、それがアタックナンバーワンである必然性という根本的な疑問は解決されなかったはないもんね。
久しぶりに10年後まで語られる謎舞台という楽しみ方もできたからいいんだけどさ(笑)
とはいうものの来年はヅカヲタ伊勢鈴蘭ちゃんも大満足の舞台をお願いしたい。

>>次のページ